実績のない初心者がアフィリエイトで稼げるようになるためのコツをお伝えします!Byまかろん

ライティング講座

ブログ記事における文章の強調と文字の装飾について

更新日:

文章装飾-4

文章は、淡々と同じ調子で書くのではなく、大事なところは強調して書きます。

メルマガだと、黒しか使わないので、「」や【】などを使って強調するしかありませんが、ブログの文章は、文字を太字にしたり、色を変えたりと文字の装飾を行うことで、見やすく、強調したい部分がわかりやすくなります。

でも、どのくらい、どうやって装飾していいのか悩んでしまうことありませんか?

実は、これといった決まりがあるわけではありません。けれども、読者さんの読みやすさを考えて、押さえておかなきゃいけないポイントがいくつかあります。

今回は、文字の装飾についてお伝えします。

 

本当に強調したい部分にだけ適度に装飾する

文字の装飾をするのは、本当に強調したい部分だけにします。

ときどき、

  • 赤や黄色やピンクなどと、あちこちをカラフルにしすぎているブログ
  • 黒一色で全く装飾されていないブログ

を見かけますが、装飾しすぎていたり、全く装飾されていない文章は、強調したい部分が伝わりにくくなってしまいます。

装飾しすぎの例

文章装飾-3

全く装飾していない例

文章装飾-1

読者さんに「ここは重要だよ!」と伝えたいところに、適度に使うようにしましょう。

 

明確なルールはないが、装飾は増やしすぎない

ルールがあればわかりやすいのですが、実は明確な決まりはありません。

太文字、赤文字、背景装飾文字の3種類を使っているブログが多いようです。

このブログでも、強調の度合いに合わせて、太文字赤文字背景装飾文字の3種類を使っています。たまに、注目を集めたいときなどに、文字の大きさを変えることもありますが、1記事に1か所くらいしています。

これ以上増やすと目がチカチカするので、3種類以内にとどめ、装飾は増やしすぎないようにした方がいいですね。

 

青色や紫色はリンクの色

先ほど、装飾には明確なルールはないと言いましたが、「青色や紫色はリンクの色」ということは、一般的に決まっています。

リンクでないところに青や紫の装飾があると、読者さんはリンクだと思ってしまいます。クリックしたいのにできなかったり、逆に、リンクがただの装飾だと思われてしまったり、ストレスを与えることになってしまいます。

ですので、リンク以外に青色と紫色を使うのは避けましょう

 

まとめ

要点をまとめると、

  • 装飾は、読者さんに対して本当に強調したい部分だけにとどめる
  • 装飾の種類を増やしすぎない
  • 青色や紫色はリンクの色なので使わない

となります。

私は、はじめのころ、どうやって装飾していいのかもわからずに、黒一色で書いてしまっていました(^_^;)

適度に装飾を入れるだけで、読みやすい文章になるので、ぜひやってみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

***

-ライティング講座
-, ,

Copyright© アフィリエイト初心者でも稼ぐコツを教えます。主婦アフィリエイターまかろんのブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.