1記事1テーマで! 「結局何が言いたいの?」とならないための記事の書き方

1記事1テーマで! 「結局何が言いたいの?」とならないための記事の書き方

「読者にわかりやすい記事を書くコツ」

それは、

「1つの記事に、1つの話題(テーマ)にすること」です。

文章を書き始めると、あれもこれもと伝えたくなりますが、1つのテーマに絞って書きましょう。「一番読者に伝えたいことは何か?」ということを常に意識しながら書くことが大事です。

 

1つの記事には、1つの話題(テーマ)で書く理由

なぜ、1つの記事に1つのテーマで書くのかというと、2つ以上のテーマを入れてしまうと、読者は何について書かれた文章なのかがわかりにくくなってしまうからです。

例えば、

はじめは、「記事の書き方」の話をしていたのに、途中から「ブログのデザイン」の話になってしまったり、「集客」の話になってしまっては、読者は混乱してしまいます。

「記事の書き方」を知りたかった読者が、「ブログのデザイン」や「集客」の話に関心があるとは限らないので、途中で読むのをやめてしまうかもしれません。かろうじて最後まで読んでもらえたとしても、はじめの方に出てきた話題のことは、頭に残りにくくなってしまいます。

たくさんの情報を知ってもらいたいと考えるのは、悪いことではないのですが、 あれやこれやと言いたいことを詰め込みすぎると、結局何が言いたいのか、わからないということになってしまいます。

伝えたいことが複数あるなら、記事を増やせばいいのです。1記事には1テーマにしましょう。

記事を分けることで、その分記事ネタが増えるので、実は一石二鳥だったりします。

 

記事を分けると、文章が短くなる?

SEOのことを考えると、記事はある程度の長さがあった方がいいと言われています。

※SEOとは、「検索エンジン最適化」といって、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索したときに、上位表示されやすくする施策のこと。”滞在時間が長い=読者の満足度が高い”として、検索エンジンからの評価が高くなります。

でも、記事を分けると、「書くことが少なくなって、文章が短くなってしまう…」と心配になってしまうかもしれませんね。

私も、はじめの頃は、短い文章しか書けずに苦労しました^^;

記事を長くするには、同じテーマをできるだけ掘り下げることが大事です。別のテーマを付け加えるのではなく、同じテーマについて調べたことや、自分の体験・感想を付け加えていくんです。

テーマは狭く、でも、記事の内容は深くが理想です。

 

まとめ

  • 1つの記事には、1つのテーマで書く。
  • 複数のテーマを入れるとわかりにくい。
  • 複数の話題になりそうな場合は、記事を分ける。
  • 単に分けただけだと、内容が薄くなってしまうので、できるだけ内容を掘り下げる。

文章を書き始めると、ついつい、あれもこれもと伝えたくなってしまいますよね。…が、そこはグッと抑えて、「一番読者に伝えたいこと」だけに絞って、記事を書きましょう! というお話でした。

ぜひ、参考にしてくださいね^^

ブログ記事一覧へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

***

Comment

  1. 椎名あい より:

    初めましてこんにちは、まかろんさん。
    椎名あいと申します。
    サイトを経由して来ました。

    1記事1テーマ。
    私も常日頃から心がけています。
    こうしないと、記事の内容がブレちゃってブレちゃって(笑)
    「 何が言いたいんだろう 」
    となってしまうことは本当に避けたいですし……

    それに、内容を深く深く掘り下げることは同意です。
    それだけでも、文字数は増えますし
    掘り下げた内容がテーマに基づくものならば
    SEO的にも有効ですからね♪

    1つのテーマを話していて
    なぜか話しがまとまらないのなら
    テーマの細分化(テーマを分けること)も大切かな……と
    主観的なんですが、心がけてます。

    応援しておきますねっ!
    またきます♪

    椎名あい

    • まかろん より:

      椎名あいさん、はじめまして。
      訪問&コメントありがとうございます!

      テーマを細かく分けることで、
      話もまとまりやすくなるし、
      その分、記事ネタも増えるしで、お得ですよね♪

      いろんなことをたくさん書いてあっても
      わかりやすくまとめている方も、中にはいらっしゃいますけど、

      私の場合は、訳がわからなくなってしまうので、
      ちょっとずつ分けて書いてます^^

      どうもありがとうございました。
      こちらからも伺いますね。

  2. 吉川 より:

    はじめまして。

    記事タイトルに興味を持ち訪問させていただきました。

    記事を書き始めると、言いたいことがありすぎて、

    記事がまとまらなくなってしまうことは、

    よくあることだと思います。

    色んな方の記事を読んできましたが、

    やはり、色んなことを伝えようとしている記事は、

    頭に残ってこない印象があります。

    こちらの記事のように、

    1つのことに絞っていると、

    何を言っていた記事なのかが、

    スっと頭に出てきますので、

    やはり、記事は1つのテーマに絞って書くことが

    一番効果的なのだと、

    こちらの記事を読みながら実感していました。

    私のブログも、そうできるように努力しているのですが、

    果たして出来ているのか、、、

    という感じです。

    これからも頑張らなければ!

    ありがとうございました。

    • まかろん より:

      吉川さん、はじめまして。
      コメント&ご訪問ありがとうございました。

      テーマを絞ることで、書き手も頭を整理しやすいし、
      読み手にも伝わりやすくなるんでしょうね。

      >何を言っていた記事なのかが、
      >スっと頭に出てきますので、

      私自身も、こんな記事を書いておきながら、
      ちゃんと読み手に伝わっているのか自信がなかったので、
      そう言っていただけてうれしいです。

      どうもありがとうございました。

  3. ヒロヤス より:

    まかろんさん、はじめまして^^
    ヒロヤスと申します。

    ブログ記事、1テーマ、1記事は重要ですよね。
    記事数も増えますしね。

    私もそれは心がけています。

    なかなか深く掘り下げられなくて、悩むこともしばしばですが、
    伝えたいことをキーワードに1つそれを伝えられたら十分ですよね。

    応援して帰ります。

    • まかろん より:

      ヒロヤスさん、はじめまして。
      コメント&ご訪問ありがとうございます。

      確かに、深く掘り下げるのが難しいことってあります。

      あれこれ詰め込んで
      無駄に長くなってしまうよりも、
      短くても、読み手に伝わりやすい文章の方が
      きっといいですよね。

      どうもありがとうございました。

  4. くろすけ より:

    まかろんさん、こんばんは!
    ブログに訪問&コメントありがとうございます。

    1記事1テーマは
    意識していないと難しいですよね。

    たまにテーマと若干ずれていることを
    書いているときありますから(;´・ω・)

    あれもこれも!って1記事に詰め込むのではなく、
    数記事に分けた方が読者さんにとっても
    私たちにとってもいいですよね!笑

    掘り下げるのに悩むこともありますが、
    読者さんにとって分かりやすい記事を
    これからも書いていきたいですね(^^)/

    では、またお邪魔させていただきますね!

    • まかろん より:

      くろすけさん、こんばんは。
      こちらこそ、ご訪問ありがとうございます!

      「これについて書く!」と決めていても、
      いろいろ書いてるうちに
      「あれ?何について書いてたんだっけ?」となるときありますよね。。

      読者さんにとってわかりやすいかどうかって大切ですよね。
      現時点で、わかりやすく書けているか不明ですが(^_^;)
      これからも読みやすさを追求していきたいと思っています^^

      どうもありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まかろんのプロフィール



ハンドルネーム:まかろん
2児を子育て中の主婦兼アフィリエイターです。

このブログでは、知識も実績もゼロの初心者がアフィリエイトで稼ぐための情報をお伝えしていきます。
少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

詳しくはこちらから

ブログランキングに参加しています


人気ブログランキングへ
ポチっと応援クリックしてもらえるとうれしいです♪

当ブログで使用しているテンプレート

初心者でも、ブログの作成が簡単にできる工夫がいっぱいのテンプレート

詳しくはこちらから

アーカイブ

こちらのサイトの素材を使わせていただいてます

Re:vre