読者をがっちりつかんで放さない、ブログにリンクを貼る方法

別窓リンク-7

ブログにリンクを貼るのには、2種類の方法があります。

新しいウィンドウやタブでページを開くようにする方法と、そのまま別のページに遷移する方法です。

お恥ずかしながら、私がブログをはじめた頃は、2種類の貼り方があるどころか、リンクの貼り方さえわかりませんでした(^_^;)

この2種類の方法をうまく使い分けることで、

あなたのブログに訪れた読者の滞在時間を延ばすことができます。

滞在時間が延びるということは、読者さんに、より多くの記事を読んでもらえるということ。

さらに、滞在時間が延びることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンへの評価が上がり、検索結果で上位に表示されやすくなります。

今日は、2種類のリンクの貼り方と、使い分け方をお伝えしますね。

 

2種類のリンクの違い

まずは、2種類のリンクの違いについて。

1.新しいウィンドウでページを開く

リンクをクリックすると、リンク先が新しいウィンドウやタブで開きます。
リンクをクリックする前のページが残ります。

別窓リンク-5

2.そのまま別のページに遷移する

リンクをクリックすると、今開いているページのまま、リンク先へ遷移します。
「戻る」をクリックすると、リンクをクリックする前のページに戻ることもできますが、「×」ボタンを押してしまうと、リンクをクリックする前のページは消えてしまいます。

別窓リンク-6

 

2種類のリンクの貼り方

次は、2種類のリンクの貼り方です。
Wordpressのビジュアルモードで投稿する場合について説明しますね。

①リンクを貼りたい文字列を選択して、②「リンクの挿入」ボタンをクリック。
③のURLを入力する欄が現れるので、URLを入力して、④「リンク設定」ボタンをクリックします。

別窓リンク

 

「リンクの挿入/編集」という画面が現れます。

「リンクを新しいタブで開く」のチェックを外すと、そのまま別のページに遷移しますし、「リンクを新しいタブで開く」のチェックを入れると、別窓でページを開くようになります。

別窓リンク-2

チェックの有無を選んで、「更新」をクリックします。

 

「Windows Live Writer」を使っている場合は、

別窓リンク-3

①リンクを貼りたい文字列を選択し、②ハイパーリンクのボタンをクリックすると、「ハイパーリンクの挿入」という画面が開きます。

URLを入力し「新しいウィンドウでリンクを開く」のチェックを外すと、そのまま別のページに遷移しますし「新しいウィンドウでリンクを開く」のチェックを入れると、別窓でページを開くようになります。

別窓リンク-4

チェックの有無を選んで、「挿入」をクリックします。

チェックの有無で、別ウィンドウが開くか開かないかが決まるということです。

 

リンク先によって、リンクの貼り方を使い分けよう

ここまでは、リンクの貼り方には2種類あるということ、その貼り方をお伝えしてきました。

この2種類のリンクの貼り方は、リンク先によって使い分ける必要があります。
ここからは、使い分け方とその理由をお伝えしますね。

他のサイト、ブログへのリンク

自分のブログとは異なる、外部のサイトへリンクを貼る場合は、「新しいウィンドウで開く」ようにします。

例えば、

  • アフィリエイトリンク
  • ブログランキング
  • 多サイトの紹介記事

などです。

なぜなら、「そのまま遷移」にしてしまうと、元のページ(自分のブログのページ)が消えてしまうからです。

リンク先をクリックして、そのリンク先のページを見終えたとき、「戻る」ボタンを押せば、元のページへ戻ることができます。
でも、「×」ボタンを押すと、元のページが消えてしまうことになります。

もう一度元のページを探し出してくれるとは限りません。
他のサイトへ行ったっきり、サヨナラされてしまうということです。

「新しいウィンドウで開く」ようにしていた場合は、「×」ボタンを押しても、元のページが残ります。

ですので、外部サイトへリンクを貼る場合は、外部サイトへ行っても、元のブログへ戻ってきてくれるかもしれないことを考えて「新しいウィンドウで開く」ようにリンクを貼った方が良いです。

同一ブログ内への他記事へのリンク

自分のブログ内で、他記事にリンクを貼る場合は、「そのまま別のページ遷移」で構いません。

「別ウィンドウで開く」にすると、新しい記事を読むたびに別ウィンドウ(タブ)が開いてしまって、ウィンドウだらけになり、かえってややこしくなってしまいます。

ですので、同じブログ内でリンクを貼る場合は、「そのまま別のページへ遷移」で良いです。

 

ただし、記事の途中でリンクを貼るような場合は、「別ウィンドウで開く」ようにした方がいいです。

その理由とは、記事の途中で貼る場合は、

  • 説明のために、別記事を読んでもらって、理解を深めてもらいたい
  • 順番的に、他記事を先に読んでもらいたい

というような場合が多いからです。

また元のページに戻ってきてもらって、続きを読んでもらいたいので、元のページが残るように「別ウィンドウで開く」ようにしましょう。

 

まとめ

今回の内容をまとめると、

  • リンクの貼り方には、「新しいウィンドウやタブでページを開くようにする方法」と、「そのまま別のページに遷移する方法」の2種類ある。
  • 外部サイトにリンクを貼る場合は、「新しいウィンドウやタブでページを開く」
  • 同一ブログ内にリンクを貼る場合、記事の文末では「そのまま別のページに遷移する」
  • 同一ブログ内にリンクを貼る場合、記事の途中では「新しいウィンドウやタブでページを開く」

となります。

たったこれだけのことですが、この一手間で、読者さんにとってわかりやすく、あなたのブログから離れにくくなりますよ。

ぜひお試しくださいね。

Comment

  1. さっち より:

    まかろんさん、こんにちは。
    ブログランキングから来ましたさっちです。
    >リンクの貼り方には、「新しいウィンドウやタブでページを開くようにする方法」と、「そのまま別のページに遷移する方法」の2種類ある。<

    最近知りました。先輩に教えていただきました。
    一つ一つ覚えたいです。情報ありがとうございます。

    • まかろん より:

      さっちさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      きりとさん、こんばんは。
      ご訪問&コメントありがとうございます。

      私も、はじめは、全然知りませんでした。
      リンクの貼り方すらわからなくて、
      新しく窓を開くとか、気にもしてなかったです^^;

      覚えることたくさんありますよね。
      日々勉強です。

      どうもありがとうございました。

  2. きりと より:

    まかろん様

    はじめまして、きりとともうします

    新しく窓を開く方法が
    とても詳しく解説されていて
    わかりやすいですね。

    とても参考になりました。

    新しいウィンドウを出すリンクと
    同窓でのリンクを使い分けていくことで
    使い勝手が良くなりますよね。

    応援していきます。

    • まかろん より:

      きりとさん、こんばんは。
      ご訪問&コメントありがとうございます。

      お恥ずかしながら、
      はじめは、「リンクってどう貼るの?」状態で、
      新しく窓を開くとか、気にもしてませんでした^^;

      いろいろ考えることがありますよね。

      どうもありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まかろんのプロフィール



ハンドルネーム:まかろん
2児を子育て中の主婦兼アフィリエイターです。

このブログでは、知識も実績もゼロの初心者がアフィリエイトで稼ぐための情報をお伝えしていきます。
少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

詳しくはこちらから

ブログランキングに参加しています


人気ブログランキングへ
ポチっと応援クリックしてもらえるとうれしいです♪

当ブログで使用しているテンプレート

初心者でも、ブログの作成が簡単にできる工夫がいっぱいのテンプレート

詳しくはこちらから

アーカイブ

こちらのサイトの素材を使わせていただいてます

Re:vre