ライティング講座

読まれるブログ記事タイトルのつけ方!6つのコツとは?

投稿日:2016年10月21日 更新日:

読まれるブログ記事タイトルのつけ方!6つのコツとは?

ブログ記事を書くときに最も力を入れるべきなのは、「記事タイトル」です。

「えっ!?タイトルより、本文の方が大事じゃないの?」と思われたかもしれませんね。

もちろん、本文の内容も大事です。
タイトルばかり立派でも、中身がすっからかんでは、読者は去ってしまいます。

ですが、まず読んでもらうためにはタイトルが重要なんです。

今回は、記事タイトルが重要な理由と、より読まれやすくなるためのタイトルつけ方のコツをご紹介します。

 

ブログ記事タイトルが重要な理由

なぜ記事のタイトルが重要なのかというと、
「タイトルだけを見て、どのブログ記事を読むのかを決める人が多いから」です。

言い換えると、「どの記事を読むかを決めるのは、タイトル次第という人が多い」ということなんです。

ここで、ブログ記事を読むまでの行動パターンを考えてみます。
多くの方は、以下のような感じだと思います。

  • GoogleやYahoo!などの検索エンジンで何かを調べていて、検索結果の中から、気になるものをクリックした
  • SNSやブログランキングをうろうろしていて、なんとなく目にとまって、クリックした

このようなパターンが大半ではないでしょうか。

多くの場合、記事タイトルを見て
「あ、これ気になるから(欲しい情報が手に入りそうだから)、読んでみよう」
と思って、ブログに訪れます。

記事のタイトルを見ただけで、

  • 欲しい情報がありそうか
  • おもしろそうか
  • 読むか読まないか

を判断しているんです。

記事のタイトルがイマイチなら、中身まで見てもらえない可能性だってあるということ。

せっかくがんばって記事を書いても、読んでもらえなければ、意味がないですよね。。

だから、タイトルはビシッと気合いを入れて(?)つけないといけないんです(`・ω・´)

 

読まれるブログ記事タイトルのつけ方の6つのコツとは?

では、ここからは、記事タイトルのつけ方のコツをお伝えしていきますね。

1.需要のあるキーワードを入れることで、検索されやすくなる

キーワードとは、検索エンジンで検索するときに、入力する単語のことです。

キーワードを含めたタイトルにするのは、検索結果に表示されるようにするためです。
検索結果のはじめの方に表示させることができれば、それだけ多くの人の目にとまるので、訪問者は増えていきます。

ですが、タイトルにキーワードが含まれていなければ、検索結果に表示されません。

また、需要がないキーワードを入れても、誰も検索しないので、訪問する人も増えません。

ですので、後々、検索エンジンからも訪問してもらうために、必ず需要のあるキーワードを入れるようにしてください

 

2.具体的な数字を入れると、説得力が増す

数字を入れることで具体性が増すため、説得力が生まれます。

例えば、以下の2つでは、どちらが読みたくなりますか?

  • ポッコリお腹に効果的なダイエット方法
  • 1週間でマイナス4センチ!ポッコリお腹に効果的なダイエット方法

おそらく、後者を選んだのではないでしょうか。
後者だと、1週間という短期間でも効果が現れることが伝わってきますよね。

ただし!根拠のない数字を入れてしまうと、胡散臭くなってしまいます。

  • 100%成功!ポッコリお腹に効果的なダイエット方法

先程の例に比べ、ちょっと疑わしくなりませんか?

ちゃんとした根拠があるならいいのですが、 適当に入れてしまうと、かえって不信感を抱かせてしまうので要注意です。

 

3.パッと見て、「この記事を読めば役に立つ」と感じさせる

読者は暇ではありません。
忙しい時間の中で、「悩みを解決する方法」などの役に立つ記事を求めています。

また、あなたのブログ以外にもたくさん記事は存在します。
探せばいくらでも他に記事があるのだから、わざわざ役に立つかどうかわからない記事を読もうとはしません。

ですので、ブログ記事を読めば、

  • 役に立つ
  • 悩みを解決できる

ということが、一瞬で感じられるようなタイトルをつけなきゃいけないんです。

具体的に例をあげると、

  • ○○の方法
  • ○○の秘訣
  • ○○のルール
  • ○○のポイント

のような感じ。

パッと見るだけで、「あ、なんか役に立ちそう!読んでみたい」と思ってもらえるようなタイトルをつけて、中身も読者の役に立てる記事をめざしましょう^^

 

4.どんな人に向けて書いているのかがわかるようにする

万人に向けたタイトルでは、自分に関係ないと思われがちです。

  • 初心者向けなのか、中級者以上向けなのか
  • 若い人向けなのか、年配の人向けなのか

誰に向けて書いた記事なのかハッキリさせます。

例をあげると、

  • 初心者必見
  • ○○歳以上限定
  • ○○にお悩みのあなた

などなど。

「あ、これ私のための記事だ!」と思ってもらえるようなタイトルが理想です。

 

5.インパクトのある単語を入れる

パッと見て、誰もが気になってしまうような、インパクトのある単語を入れることで、目をひくことができます。

  • 必読!
  • 知らないと損する!
  • 要注意!
  • 緊急!

・・などですかね。

ただし、使いすぎると鬱陶しく感じるので、私はたま~にしか使っていません。

ここぞ!というときに、使ってみてくださいね。

 

6.詰め込みすぎない

ここまで、いくつかのコツをお話ししてきました。

ここまでの記事を読んで、「よし!キーワードをたくさん入れて、上で挙げたコツを全て盛り込んだタイトルをつけよう!」と思ってくださったかもしれませんね。

ですが、キーワードの入れすぎたり、コツを盛り込みすぎるのは、避けた方がいいです。

たくさん詰め込みすぎると、「これって結局、何についての記事なの?」と読み手が理解できなくなってしまうんですね。
ですので、パッと見ただけで、理解できるタイトルが好ましいです。

といいつつ、私もよくやってしまってるかもしれません。
ついつい、あれもこれもと詰め込みたくなるんですよね。。

「決して欲張らず、ポイントを絞って」タイトルをつけてみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

記事を読んでもらうためには、タイトルが重要です。

「本文を書くだけで精一杯なのに、タイトルまで頭が回らない!」と思ってしまうかもしれませんが、将来のアクセスアップにつながるので、ぜひこだわってつけてみてくださいね。

他にも、アフィリエイトの記事の書き方について書いています。
よかったら、読んでみてください。
「アフィリエイトで稼ぐための文章の書き方」記事一覧へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-ライティング講座
-

Copyright© アフィリエイト初心者でも稼ぐコツを教えます。主婦アフィリエイターまかろんのブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.