ライティング講座

初心者必見!ブログの記事ネタの探し方を5つ紹介します。

投稿日:2016年10月29日 更新日:

初心者必見!ブログの記事ネタの探し方を5つ紹介します

「どんなことを記事をかけばいいんだろう・・・」

アフィリエイトを始めた頃、何をネタに記事を書けばいいかわからなくて、思い悩んだものでした。どんどん時間だけ経っていくのに、ちっとも進まなくて。

あなたも、同じようなことで悩んでいませんか?

今回は、記事ネタの探し方についてご紹介しますね。

 

誰かのお役に立てる記事を書く

記事ネタの探し方の前に、まずは記事を書くときの大前提からお話しします。

ブログの記事ネタは基本的に何でもOKです。
ですが、ブログを書いて収入を得たいと思うなら、何でもというわけにはいきません。

有名な芸能人なら、何気ない日記を書いても読んでもらえます。
その芸能人がどんな生活をしているのかがファンには気になるので、ただの日記でも喜んで読んでもらえるんです。

でも、我々一般人の日常なんてどーでもいいし、興味ないので、誰も読んでくれません。。
なので、記事を読んでもらいたければ、悩みや疑問を解決するなど、「記事を読んで役に立った」と思ってもらえるような内容にする必要があるんです。

「誰かのお役に立てる記事を書く」

このことを頭に入れた上で、記事ネタを探す方法について5つほど紹介していきますね。

 

過去に自分自身が経験したこと、悩んだこと

これが、一番書きやすいかもしれませんね。

自分が悩んでいることは、他の誰かも悩んでいるという可能性が高いです。

その悩みをどうやって解決したのかを詳しく書いてあげると、他の誰かの役に立つ記事となります。

自分の体験も、ネタになります。ただ日記として書いてしまうのではなくて、

  • こういう手順でやった
  • こうやったほうが良かった

・・・など、これから同じことを体験する人が役に立てるような内容にすると、読んでもらいやすくなります。

また、今後のために、

  • 今の自分が悩んでいること
  • 実践したこと

・・・などをメモしておくと、未来の自分の記事ネタになりますよ。

 

同じテーマを扱うサイトやブログを見る

同じテーマを扱っているブログを読むのも、記事ネタを探すときの参考になります。

ここで間違っちゃいけないのが、あくまで記事のネタだけを参考にするということ。文章をそっくりそのままコピーにしてしまうと、著作権法に違反します。

また、コピーでなくても、ブログの記事を参考にしながらだと、どうしても似通った記事になってしまいます。

そうすると、コピーサイトだとして、Googleなどの検索エンジンからペナルティーを受けてしまうかもしれません。
ペナルティーを受けると、検索エンジンからの検索順位を下げられたり、検索結果から除外されたりなどの処置が下されます。

ですので、軽くメモだけして、あとで記事にまとめるのがオススメです。

  • 記事を読んで、要点をメモしておく。
  • メモを元に、自分の言葉で記事を書く。
  • 必要であれば調べなおして、付け加える。
  • 読むだけでなく、実践できることなら実践する。

実践した感想や体験談などを書くと、よりわかりやすくなるし、あなたオリジナルの記事になります。

 

本を読む

本を題材にするのもいいと思います。

・・・と言っておきながら、私自身はちっとも読書の時間が取れていませんけど^^;

本の内容自体を記事にしても構わないし、本を読んだ感想を書いてもいいですね。(もちろん、先程の他のブログ記事同様、コピーはご法度です!)

本は購入するのに多少の費用がかかります。
そして、私のように、「なかなか読書の時間が取れない」という人も少なくないと思いますので、ブログ記事よりも、ネタはかぶりにくくなります。

本を購入するのに、お金がかかるといいましたが、図書館だったら無料で借りられちゃいますよ♪

 

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトを見る

Yahoo!知恵袋などの「Q&Aサイト」には、たくさんの悩みや疑問が日々寄せられています。

※Yahoo!知恵袋
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

それらの悩みや疑問に答えるように記事を書けば、お役立ち記事ができあがります。すでに回答がされているものでも、図や動画を交えたり、さらに内容を付け加えたりしてより詳しく書くことで、役に立つ内容になります。

ここで、もしかしたら疑問に思うかもしれませんね。
「Q&Aサイト」に投稿しているのはたった一人なのに、そんな一人に向けて記事を書いても需要があるの?ということです。

でも、大丈夫です。投稿しているのは一人でも、投稿していないだけで同じような疑問を持っている人がいるからです。

ですので、そのたった一人に向けて、丁寧に回答を書くつもりで記事を書けば、同じ疑問や悩みを持った人に読んでもらいやすくなります。

 

受けたお問い合わせやアンケート

もし、あなたが誰かに何らかの質問を受けたことがあれば、それもネタになります。

やはりこちらも、質問してくれた以外の人も同様に悩んでいたり、困っていたりする可能性が高いからです。

質問がなければ、こちらからアンケートをとったり、逆に質問し返すのも、いいですね。

読者の知りたいことを記事にすることで、読者に喜んでもらえる記事になります。

 

まとめ

今日は、記事ネタについてお伝えしました。

  • 過去に自分自身が経験したこと、悩んだこと
  • 同じテーマを扱うサイトやブログを見る
  • 本を読む
  • Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトを見る
  • 受けたお問い合わせやアンケート

これらをネタに、「誰かのお役に立てる記事を書く」ようにするのがコツだというお話でした。

はじめの頃は、何を記事ネタにするか悩んでしまいがちですよね。

この記事で書いたことが、少しでも記事ネタ探しの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

他にも、「アフィリエイトの記事の書き方」についての記事を書いてます。良かったらご覧下さいね。

アフィリエイトで稼ぐための記事の書き方一覧へ

-ライティング講座
-,

Copyright© アフィリエイト初心者でも稼ぐコツを教えます。主婦アフィリエイターまかろんのブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.