ライティング講座

読まれるブログ記事を書くために、最低限抑えておきたいこと

投稿日:2016年12月24日 更新日:

読まれるブログ記事を書くために、最低限抑えておきたいこと

読まれる記事とはどういうものなんでしょうか?

有名なアフィリエイターさんやブロガーさんだと、びっくりするほど多くの人に読まれていて、「わぁ、すごい!いいな~」と思ってしまいますよね^^

今回は、ブログをはじめたばかりの初心者が最低限抑えておくべきことについてお話しします。

 

読者のことを考えた記事づくりが大切

読まれる記事を書くために一番大切なのは、「読者の立場に立つ」ということ。

読者の気持ちを無視したままでは、読者の心をつかむことはできず、読んでもらうことはできません。

どういうことかというと、インターネット上には、あなたのブログ以外にもた~くさん記事があるからです。

訪問者は、検索エンジンなどからブログにたどり着いた時に、ブログをパッと見て、読むかどうかの判断をします。3秒以内で、そのブログを読むかどうかを判断する人が多いそうです。

  • 自分が求めている情報がありそうか
  • わかりやすいか、読みやすそうか

たった3秒!これらのことを瞬時に判断して、読むかどうかを決める人が多いんです。

読みにくそうだったり、自分の読みたい内容ではない場合、我慢してまで読んではくれません。すぐにサヨナラして、他のブログへと旅立ってしまいます。

ですので、記事を読んでもらうには、

  • 読者が求めている情報がある
  • わかりやすい、読みやすい

という、読者の立場に立った記事作りが大切ということなんです。

次からは、それぞれについて詳しくお伝えしていきますね。

 

1.読者が求めている情報がある

読者の求める記事とは、読者が悩んでいることや、知りたがっていることを解決するような記事のこと。

単なる日記のような内容では、ダメです。

芸能人ならともかく、一般人の日記なんて誰も興味がないから。

読んでタメになった、読んで得したと思える内容にすることで、読んでもらえる記事になります。

でも、読者の求めている記事と一言で言っても、 どんな読者を対象(ターゲット)にするかによって、同じテーマでも書くことが全く変わってきます。

例えば、料理をテーマにブログを書くとしましょう。

  • 全く、包丁を握ったこともないけど、退職を機に料理を始めてみたい60代男性
  • 毎日料理をしているが、マンネリ気味なので、レパートリーを増やしたいと思っている30代主婦

この両者で、書く内容が全く変わってきますよね。

前者の男性をターゲットにするのなら、

  • 具材の切り方
  • 計量の仕方

などの基本的なことも価値を感じてもらえるでしょう。でも、後者の主婦にとっては、「そんなこと知ってるし」と読んでもらえない可能性が高くなってしまいます。

逆に、ちょっと凝った料理を記事にした場合。後者の主婦には価値を感じてもらえるかもしれないけど、前者の男性には「難しいから自分には無理」と読んでもらえない可能性が高くなってしまいます。

同じテーマでも、ターゲットにする人物の設定によって、価値の感じ方が違います。

ターゲットを明確にして、ターゲットとする人物の悩みや願望を把握し、求めている情報を与えていくことが必要になります。

 

2.わかりやすい、読みやすい

わかりやすい、読みやすいということも大事です。

難しい言葉は使わない

専門用語や、難しい漢字、読めない英語なんかはなるべく使わないようにします。

わからない言葉が出てきた時点で、読むのを諦めてしまったり、分からない言葉を調べるのに、別のサイトへ行ってしまうかもしれません。

これ、私がアフィリエイト初心者の頃に、よく経験したことです。調べ物をしていたのに、出てくる言葉がわからなさすぎて、その言葉を調べてるうちに、「あれ?何を調べてたんだっけ?」みたいな。。

どうしても専門用語を使わないと話が成立しない場合は、注釈を入れたり、過去記事へのリンクを貼ってあげると親切ですね。

見出しをつけたり、適度に改行する

ギッシリと字が書いてあったら、読みにくいです。

適度に改行

適度に改行して、読みやすさを心がけましょう。

また、全く見出しがないのと、見出しがあるのとでは、読みやすさが違います。 見出しがあるとメリハリが生まれます。また、見出しを読んだだけで要点がわかるため、読みやすいです。

見出しの正しい使い方については、こちらの記事に書いていますので、よかったら御覧ください
ブログの正しい見出しタグの使い方

適度に改行を入れ、文章のまとまりごとに見出しを入れることで、グッと読みやすくなります。

強調部分には、装飾する

文章を装飾してやることで、どこが重要なのか、強調したい部分がわかりやすくなります。

太文字にしたり、文字に色をつけたり…ですね。

でも、文章の装飾は、やらなさすぎてもどこが重要なのかわかりにくいし、やりすぎても見にくいもの。

強調したい部分だけに絞って、適度に装飾することで、読者に本当に伝えたいところがわかりやすく、読みやすくなります。

文章の装飾についても、こちらの記事に書いていますので、よかったらご覧ください
ブログ記事における文章の強調と文字の装飾について

 

まとめ:読まれるブログ記事を書くために、最低限抑えておきたいこと

読まれるために大切なのは、読者の立場に立った記事作り。

  • ターゲットを明確にして、ターゲットとする人物の悩みや願望を把握し、求めている情報を与えていくこと
  • 読みやすさ・わかりやすさを意識すること

が大切だというお話でした。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にも、「アフィリエイトの記事の書き方」についての記事を書いてます。良かったらご覧下さいね。

アフィリエイトで稼ぐための記事の書き方一覧へ

-ライティング講座
-, ,

Copyright© アフィリエイト初心者でも稼ぐコツを教えます。主婦アフィリエイターまかろんのブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.