SEO対策とは?初心者向けにわかりやすく丁寧に解説!

mac-459196_640

SEO対策」は、ブログに訪問者を集めたいなら必ず知っておきたい知識です。

一生懸命ブログを作っても、せっせとがんばって記事を書いても、誰にも来てもらえないんじゃ、意味がありません。

なぜなら、一般のお店と同じで、お客さんが来ないことには、商品を購入してもらえないからです。当然、商品を購入してもらえないと、アフィリエイト報酬をもらえることもありません。

アルファベットが出てくると、「なんだか難しそうだし、もういいや」と逃げ出したくなるかもしれませんが、稼げるブログを作るための大事な話ですので、ぜひ読み進めていただければ、と思います。

 

そもそもSEOとは?

SEO(エス・イー・オー)とは、

Search Engine Optimization
(サーチエンジン オプティマイゼーション)

の略で、日本語にすると、「検索エンジン最適化」と呼ばれます。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索したときに、自分のブログが検索結果のはじめの方に表示されるようにすることです。
そのための対策を、「SEO対策」といいます。

あなたが、何かを調べようと思ったら、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、調べたい単語(キーワード)を検索窓に入力しますよね。

そして、出てきた検索結果の1ページめから順番に見ていきませんか?

SEO

1ページめで必要な記事が見つかったら、2ページ以降は見ないでしょうから、2ページめ、3ページめまで見られることは、あまりありません。

いくら、良い記事を書いていても、見つけてもらえなければ、読んでもらえないのです

ですので、上位に表示させる対策が必要になるというわけです。

 

SEO対策には2種類ある

検索エンジンは、検索エンジンの利用者が「有益な情報」をすぐに見つけられるように、検索システムを作り上げています。ですので、検索エンジン利用者・読者の立場に立った、「有益な情報」を扱っているブログが、高く評価されるようになっているんですね。

SEO対策には、大きく分けて2種類あって、それぞれ

  • 外的SEO
  • 内的SEO

と呼ばれます。

2種類それぞれについて、詳しくお話しますね。

 

外的SEOとは

外部サイトとの連携を考えたり、ブログの外側から施す対策を「外的SEO」といいます。

例えば、

  • 外部のサイトと、お互いにリンクを送り合う
  • 検索結果の上位に表示したいブログとは別にブログを作り、その外部のブログからリンクを送る

など、被リンク(=外部サイトからのリンク)を多くし、 「他のサイトから推薦されている良いサイトだよ」と検索エンジンにアピールするSEOの方法になります。

一昔前は、自分自身で大量に別サイトを作って、別サイトから主となるブログにリンクを貼るという自作自演の方法が通用していました。が、検索エンジンのシステムが変わり、現在では通用しなくなってきています。

外的SEOよりも、内的SEOの方がより重視されるシステムに変わってきているんですね。

 

内的SEOとは

「内的SEO」というのは、ブログの構成や記事の内容など、ブログ内部に施すSEO対策のことをいいます。

検索エンジンから高い評価を受けるために、ブログ内部で重要視されていることは、以下のようなことです。

  1. 読者にとって価値のある記事が提供されていること
  2. よく検索される単語(キーワード)が含まれていること
  3. ブログの記事数が充実していること
  4. 更新頻度が高いこと
  5. ブログの配置・構造がわかりやすいこと

一つずつ詳しく説明していきます。

1.読者とって価値のある記事が提供されていること

まずは何といっても、読者にとって役に立つ、価値のある記事を書いていくことが一番重要です。

検索エンジンは、

  • 詳しい内容が載っているページ
  • オリジナルの内容

を良質な記事として、高く評価します。

もし、あなたが検索エンジンで調べ物をしているときに、知りたいことがちっとも書いていない記事や、どこかのブログの複製記事ばっかりだったら、イラッとしませんか?

読者にわかりやすいように、詳しく丁寧に説明することを心がけていれば、記事の文字数も自然と多くなるでしょう。 また、全く同じことが書いてあるページは、複数いらないですよね。

なので、

  • 短すぎて中身のないもの
  • 他のブログのコピー記事

などは、低質な記事だとして、検索エンジンからの評価を下げられてしまいます。
(コピー記事は、著作権の法律の面からもアウトですが)

読者が何を知りたがっているか、どうすればよりよく伝わるか、などを考えたブログ作りが大切だということです。

 

2.記事のタイトルに、よく検索される単語(キーワード)が含まれていること

良質な記事を書くことは重要です。
ですが、ただ記事の内容が良いというだけでは、検索結果の上位に表示されません。

あなたが、何かを調べようと思ったら、検索エンジンを使い、調べたい単語(キーワード)を検索窓に入力しますよね。

そうすると検索結果には、タイトルにキーワードが含まれた記事の一覧が表示されます。
キーワードが含まれない記事は、検索結果に現れないんです。

例えば、「お弁当 おかず」と検索するとします。

  • 忙しい朝もこれで楽ちん!冷凍できる「お弁当」の「おかず」
  • 10分でできる簡単おいしい「お弁当」の「おかず」

などの記事タイトルは検索結果に表示されますが

  • おいしいからあげ作ってみたよ~

みたいなタイトルだと、キーワードが含まれないので、検索結果には表示されません。

たとえ、この「おいしいからあげ作ってみたよ~」という記事が、お弁当のおかずにぴったりの「冷めてもおいしいからあげの作り方」を丁寧に説明する良い記事だったとしても、検索結果に現れないので、検索エンジンから訪問してくれる人が少なくなってしまうのです。

ですので、キーワードを意識した、記事のタイトルを付けることが大切です。

 

3.ブログの記事数が充実していること

記事がたくさんある方が、それだけ専門性が高く、読者にとって役に立つことが多くなります。
ですので、ブログのボリューム(記事の数)も求められます。

もちろん、記事の数を増やしたいからといって、中身の薄いものをたくさん増やしたところで、検索エンジンからの評価は低くなります。

 

4.更新頻度が高いこと

常に、新しい情報が手に入る方がいいので、更新頻度の高いブログも優先されます。
巷で、「1日1記事書くように」と主張されている方が多いのは、検索エンジンに評価されやすいからなんですね。

私は、1日1記事に程遠いですが。。更新頻度にこだわりすぎるあまり、中身が薄くなってしまうよりはいい、と思うことにしています(笑)

良質な記事を、なるべく早く・たくさん揃えるのがベストってことですね。

 

5.ブログの配置・構造がわかりやすいこと

ブログの訪問者が、読みたい記事にたどり着きやすいブログの配置・構成も大切です。 いくら見た目がかっこよくても、訪問者を迷わせてしまうようなブログの配置だと、すぐにサヨナラされてしまいます。

また、検索エンジンのロボット(クローラー)にとっても、理解しやすい構造にする必要があります。

ブログの構成などの知識を理解するのは、素人には難しいので、SEO対策の施されたブログテンプレート(テーマ)を使用するなどして、読者にもロボットにも理解しやすいブログを作っていくことが重要です。

 

まとめ

長くなってしまったので、簡単にまとめてみます。

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、検索エンジンでの検索結果で上位に表示されるための施策のこと。

SEOは大きく分けて、ブログの外部から施す「外的SEO」と、ブログ内部に施す「内的SEO」の2種類に分けられる。時代とともに、「外的SEO」よりも「内的SEO」が重視されるようになってきている。

内的SEOとは主に以下のこと。

  1. 読者にとって価値のある記事が提供されていること
  2. よく検索される単語(キーワード)が含まれていること
  3. ブログの記事数が充実していること
  4. 更新頻度が高いこと
  5. ブログの配置・構造がわかりやすいこと

 

・・・というお話でした。

検索エンジンは、日々進化しています。検索エンジンの利用者が、欲しい情報をすぐに見つけられるように、検索システムを作り上げているからです。

ですので、結局のところ、読者の立場に立ったブログ作りをし続けていくことが何よりのSEO対策だということですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ記事一覧へ

***

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まかろんのプロフィール



ハンドルネーム:まかろん
2児を子育て中の主婦兼アフィリエイターです。

このブログでは、知識も実績もゼロの初心者がアフィリエイトで稼ぐための情報をお伝えしていきます。
少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

詳しくはこちらから

ブログランキングに参加しています


人気ブログランキングへ
ポチっと応援クリックしてもらえるとうれしいです♪

当ブログで使用しているテンプレート

初心者でも、ブログの作成が簡単にできる工夫がいっぱいのテンプレート

詳しくはこちらから

アーカイブ

こちらのサイトの素材を使わせていただいてます

Re:vre